<< 台湾旅行2019年10月《 2度目の台湾その8 》 | main | 台湾旅行2019年10月《 2度目の台湾お土産編 》 >>

台湾旅行2019年10月《 2度目の台湾その9 》

 2019年10月12日、今日は台北の最終日です、ホテルから台湾桃園国際空港へ直行し

て空港内をブラブラと楽しみます

 

MRT駅

6時半にはホテルを出発、日中熱い台北もこの時間は爽やかな空気感です、MRT桃園機

場線「台北駅」、MRT駅間はは地下通路で結ばれていますが、この駅舎は「高鉄・台鉄

台北駅」から見るとかなり東側にあります。

 

 

MRT台北駅

さすがに人影もまばら、連絡通路が延びています。

 

 

MRT台北駅

ドーンと吹き抜けの地下に降りてゆくエスカレーター、右手にはエレベーターもありま

、地下の乗り場付近にはそれなりの人通り。

 

MRT車内

桃園国際空港行きの直達(急行)MRTです、収容個数は限られますが、ドア横にはスーツ

ケースも置ける荷物棚あります。

 

MRT車内

座席肘掛には充電用のUSBポートがあり、また、窓際には使い方の説明が良くわかりま

せんが、無線充電できるらしい、棚も。

 

台北桃園空港

台湾桃園国際空港の第一ターミナル、出発ロビーに7時45分くらいに到着、チェック

インカウンターは右手の奥の方、スクートのカウンターは11番でした、国際線は使用

機材 B-787では3時間前からのチェックインです。

 

十分に余裕があるので、写真のエスカレーターで地下2階のフロアのフードコートへ。

 

台北桃園空港

そこそこの賑わい。

 

 

台北桃園空港

バーガーキングもシッカリあります。

 

 

台北桃園空港

パン屋サンがあったので、久々のパン購入。

 

 

パン

朝食にします、2個で75元、ジュース20元、台湾のパンも美味しい。

 

時間になったのでチェックインカウンターへ、まだ並んでいる人もなく、プリントアウ

トした予約控えとパスポートを出して、特に問題もなく搭乗券を受け取ります、機内持

ち込みの荷物も重量を測ったのかどうか、わりと大雑把な感じでした。

 

チェックインを済ませてから、パイナップルケーキの有名店「微熱山丘・サニーヒルズ」

がある、第二ターミナルの「お土産ショップ街」へ向かいます。

 

台北桃園空港

第一ターミナルから第二ターミナルへ向かうには、ターミナルシャトルバス (無料) 、

 

 

台北桃園空港

無料連絡スカイトレイン、MTR (悠遊カード使用なら無料らしい) が利用できるのです

、今回はスカイトレインを使ってみました、チェックインカウンター1番の奥の方。

 

台北桃園空港

案内板にしたがって行くとエレベータの乗り口に。

 

 

台北桃園空港

エレベーターに乗って3階へ。

 

 

桃園

降りた後も案内板にしたがって移動しますが、ながい通路はかなり閑散としています。

 

 

台北桃園空港

無事に連絡シャトルトレンに乗車できました、先頭の窓から見ると第二ターミナルはか

なり離れていることがわかります。

 

台北桃園空港

車内はこんな感じ、わりと小型の車両で、座席はほとんどありません。

 

 

台北桃園空港

通常5分間隔の運転で、自動運転、スカイトレインは第二ターミナルの1階に到着しま

す、そこからエレベータで3階の出口に。

 

スカイトレインマップ

ターミナル間連絡スカイトレインの乗り降りを図にするとこんな感じに、とにかく出発

ロビーが起点で、第一ターミナルはチェックインカウンター1番より、第二ターミナル

は26番よりにエレベーターがあります。

 

第二ターミナル2階「お土産ショップ街」にある「サニーヒルズ」に到着、本店には行

たことはありませんが、ここはこれだけのスペースがあっても商品は見本を置いてい

るだけ、後ろのストッカーから取り出しての販売です。

 

ここで台北最後のお土産「パイナップルケーキ」を購入、残っていた「元」をクレジッ

カードを併用して使いきります。

 

「お土産ショップ街」はこんな感じです、左手奥が「サニーヒルズ」。

 

 

第二ターミナル地下2階のフードコート「美味旅園」も覗いてみました、2019年6月に

リニューアルしたばかりだそうで、第一ターミナルより明るい雰囲気、お店の数の多い

ようです。

 

台北桃園空港

第二ターミナルフードコートの一角、美味しそうなパンが並んでいます。

 

 

台北桃園空港

ターミナル間を行ったり来たり、お土産を購入して、第一ターミナル出発ロビーに戻っ

てきました、時間にしてほぼ1時間15分。

 

搭乗ゲートに向かいます、手荷物の保安検査、セキュリティーチェック、パスポートコ

ントロールでの出国手続き問題なく終了して、

 

台北桃園空港

搭乗ゲートのあるフロアへ、携帯電話の充電が出来る、多機能な搭乗ゲートの案内板で

す。

 

桃園

搭乗ゲート「B-6」は1階下のフロアにありましたが、なぜかエレベーターが隠れるよ

な場所に設置されてます。

 

台北桃園空港

搭乗ゲート、待合の上の方には奇妙なアートが。

 

 

台北桃園空港

「悠々カード」が使える自動販売機があったので、「悠々カード」で1本購入しました

がいくらか残りましたね。

 

スクート 12:05 台北発 TR892便、使用機材は B-787-8、復路のシートは少し前方にな

ましたが、ど真ん中は変わりありませんでした。

 

順調な運行で新千歳空港に到着、パスポートコントロールでの入国審査も、受託荷物受

け取りの待ち時間もなく、税関もすんなりと通過。

 

新千歳空港

新千歳空港国際線ターミナル1階のバスの自動券売機と案内板、新千歳空港からはいつ

も IC カードが使えるバスを利用していたので、今回久々に券売機を利用いました、が

これがちょっとわかりづらい。

 

自動券売機の間隔も少し狭いような。

 

 

新千歳空港

こちら側にはレンタカーのカウンターがズラッと並びます。

 

 

新千歳空港

新千歳空港国際線ターミナルの「到着のバス停」はこの時なくなっていましたが、「出

バス停」はありました、係りの方がバスの行き先を案内してくれますが、次発バス

の行き先を知らる、電光掲示板のようなモノは無かったような、2019年8月末ターミ

ナルがリニュールされ、まだ工事中のところも多いので、これからさらに変更されて

いくのかも。

 

今回も「食べ人」のお腹もこわさず、安全に帰国できたことに感謝して、2度目の台湾

行終了デス。

 

at 13:19, ツアーでもお一人様, 台湾旅行2

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://italy.y-cgworks.com/trackback/456