<< 台湾旅行2019年10月《 2度目の台湾その6 》 | main | 台湾旅行2019年10月《 2度目の台湾その8 》 >>

台湾旅行2019年10月《 2度目の台湾その7 》

 2019年10月11日、今日もブラブラ街歩きでの「食べ人」です、8時半位にホテルを

発。

 

台北101 MRT R淡水信義線「台北101

   駅」で下車、そこから「光復

 市場」向かます。

 この日も天気がよく「台北10

 1」は、ここからだとほぼほぼ

 逆光の中に建ちます。
 

 

台北の有名なホテルと思われる「グランドハイアット台北」建物の大きさのスケールが

違います。

 

 

しかし、広い通りから一本道を入り込むとこんな光景も現れて。

 

 

先ず目指していたのはこのお店、市場に中にある「極品光復素食包子」。

 

 

かなり前に NHK BSで紹介され、前回の台湾旅行でもあわただしく訪ねましたが、その

味を忘れられず今回も、このお店は午前6時から午後1時までの営業なので、本当に地

元の皆さんのお店です、何年たっても変わらない味が素晴らしい

 

素食

店頭で熱々をいただく、ボリューム満点の「雪裡紅素包」25元。

 

 

素食

中の野菜餡、同じような包子はありますが、やっぱりここのが一番かな、食べ比べした

包子は沢山あるのですが、なかなか2個、3個とはいけません。

 

ブラブラ歩きます、「国立国父紀念館」の入り口、タワーはもちろん「台北101」。

 

小学校

小学校です、台湾の小学校はとにかく立派、しかも厳重な感じ。

 

 

小学校

門についてる表札?も立派です。

 

MRT BL線「国父紀念館駅」から一区間乗車して、

 

MRT駅

MRT BL線「忠考敦化駅」で下車、ここは吹き抜け構造の駅です、地下鉄の暗いホーム

のイメージがまったくない、なかなか素敵な構造です。

 

MRT駅

MRT BL線「忠考敦化駅」。

 

 

頂好スーパー

近くのスーパーマーケットを検索、で、一番最寄で、この時間に営業していたのがこの

お店「頂好Wellcome超市」の「仁愛店」、ここは7時からやってました、地下一階が

売り場です。

 

頂好スーパー

入り口付近から様子をパチリ、中規模の街中スーパーといった感じ、ここで台湾のお土

を物色

 

台湾のバス

手荷物が増えてしまったので、バスでホテルへ戻ることにしました、タブレットには事

前に台北で使えるバスアプリをインストール、ここで実践です。

 

バスアプリ

インストールしたアプリ、正しくは「台北公車通」、現地でなければテストが出来ない

で、ホテルで試してみましたが、バス停名、ルート表示等何とか使えました。

 

台湾のバス

乗車したのは621番のバス、首っ引きでバス停を確認しながら、「二二八和平公園」北

のバス停「博物館」で下車、ホテルまで歩きます、知らない土地でもバスが使えるの

とても便利。

 

バスルート

ちなみに、アンドロイドの台湾 Google Mapではバス停をタップすると、そこを通過す

すべてのバスルートが青線で表示され、表示されたバスの番号をタップすると、その

バスのルートが表示されます、残念ながらルート上のバス停名を表示するまでは出来ま

せん。

 

胡椒餅

ホテルに帰る前に、「胡椒餅」を購入 55元、ここもホテルすぐそば、写真は夜ですが

何時行ってもこれくらいのお客さんが待ってました。

 

胡椒餅

「胡椒餅」は、かなりのボリューム。

 

 

胡椒餅

割ってみると、お肉の餡がゴロット、ホテルに持ち帰っても熱々です、この日はホテル

部屋もすでに清掃済み、ゆっくりと早めのお昼休みです。

 

北門

ブラブラ街歩き午後編の始まり、「西門町」界わいへ向かう途中、横断しようとする

右手、真正面に「北門」を発見、昔はこの通りが何かの基準になっていたのかも知れ

ん。

 

「西門町」は若者で賑わっていました、きっと台湾も連休なんだろうな。

 

西町

お店のつくりが若者向け、黄色はこの通りのシンボルカラーでしょうか。

 

 

カキ氷

入ったのはこのかき氷屋サン「西門町芒菓冰」、入店時にはそれほど混んでませんで

したが、これを撮った時はそれなりに賑わってます。

 

カキ氷

こちらのカキ氷をいただきます 210元、比較するモノがありませんが結構なボリュー

、2017年の「オヤジ修学旅行」ではあえて挑戦しなかったので、初めての台湾カキ

氷、確かに氷の食感がいいですね。

 

カキ氷

こちらはガイドブックでもおなじみのカキ氷屋サン「三兄妹雪花氷」、お客さんの入れ

込みにすごさあり、「この前よりも綺麗になってる(イモ談)」お値段の設定が「西門

町芒菓冰」より少しお安めの感じ。

 

「西門町芒菓冰」のならびにあった「永和豆漿」、ここはかなり並んでました、なぜか

上の「西門町芒菓冰」の店横にも「永和豆漿」のカウンターがありましたね。

 

一番代表的「豆漿」25元、「熱」でちょっと甘いほう。

 

 

「西門町」こちらの通りは淡いブルーがシンボルカラー?。

 

 

「西門町」から東へ移動、地図上で「中山堂」の南側にある「明池豆花城中店」。

 

 

「豆花」いただきます 45元、トッピングで色んなバリエーションがあるのでしょうが

一番無難なところを。

 

二階にも客席があるのか、一階は落ち着いてます。

 

台北商店街の基本構造、歩道上に雨対策?のアーケード条のところがあり、ここを歩い

ていてお店を探していると、看板を見落とします。

 

で、ちょうど向かい側にあったこのお店、なんとなく惹かれました、麺と水餃子のお店

のようです、次があったら必ず。

 

「博愛路」と言う通りを北上中、なかなか素敵なビルが並びます。

 

 

昨日はお休みだった「城中市場」へ、やはりこの通りはほとんどが衣料品店。

 

 

総統府

さらにブラブラ街歩きで、昨日は近づけもしなかった「中華民国総統府」へ。

 

 

総統府

近くからだと全体が入りません、でも、通りの向こうだと、逆光になってしまいます。

 

 

二二八平和公園

そのまま東側の「二二八和平公園」へ、園内のお寺でしょうか?。

 

 

二二八平和公園

何を撮ったかと言うと、木の上にいる台湾リスにえさを与えてる親子、結構近くまでや

って来ます、木の柵の上にエサを置くと取りに来ます、観察するとこの木にも4匹くら

いが走りまわってます、都会のど真ん中の公園ですが、野生はたくましい。

 

at 13:38, ツアーでもお一人様, 台湾旅行2

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://italy.y-cgworks.com/trackback/455