RSS | ATOM | SEARCH
台湾旅行2019年10月《 2度目の台湾その3 》

 2019年10月9日、観光初日、今日は唯一の遠出「九份」までグルット廻って出かけ

ます。

ホテルを7時に出発、台北駅へ向かいながらセブンイレブンに立ち寄って、台湾の交通

ICカード「悠遊カード」を購入します。

 

探し始めて3店目くらい、地下街に降りたお店でやっと目指してたモノを発見。

 

ヨーヨーカー

探していたのは左側のキーホルダータイプ、これでもちゃんと ICカードです、本体価格

150元、普通のカードより 50元高いですが、お土産として面白い、右側は2017に購

入したカード、再チャージでちゃんと使えました、残高が39元ほど、そぞれ400元を

ャージします。

 

ちなみにどんな「悠遊カード」が発行されてるかはここでわかります。

 

先ずは台北駅から R淡水信義線に乗車、大安駅で BR文湖線に乗り換えて木柵駅まで。

 

大安駅ホーム

台北のMRT、利用した駅はホームドア完備、大安駅での乗り換え、メトロですがこの

あたりはもう高架を走行、ホームドアの残念なところは停車した車両がよく見えない

ところ。

 

BR線車両

BR文湖線は初めて利用しました、乗車して初めて、小型の車両が何両か連結されている

形式だとわかります。

 

BR文湖線車両

内部はこんな感じ。

 

 

BR文湖線木柵駅

BR文湖線、木柵駅到着。

 

 

花巻

駅からバス停への途中、屋台で購入した「蒸しパン?花巻?」きめ細かくて、ほんのり

くて、美味い。

 

木柵駅マップ

バス停はここ、駅からすぐ、南側のバス停が十分方面行きです。

 

 

バス停

十分方面へ向かう「795」のバス停、待っていても運転手サンに乗車の意思を示さない

停車してくれません。

 

バス車内

以外に新しいバスに乗車できました、タイミングがちょっとずれる時もありますが、前

電光掲示板に停車するバス停が表示されます。

 

バス停「菁桐坑」で下車、約45分間ほどの乗車、ところどころで雨が降っていましたが

到着時には傘の必要なし。

 

道路中央のモニュメント。

 

 

回り込んでみるとこんな感じ、炭鉱をイメージしたもののようです。

 

 

「菁桐駅」方向へ向かう道。

 

「菁桐駅」の駅舎に着く前にホームに上がれるので、ホームの上を行きます、同じよう

に数名の方が写真を撮っていました。

 

 

炭鉱が栄えていた頃の施設、上は展望カフェになっています。

 

 

ホームにも、

 

 

駅舎の中にも人影はなし。

 

 

日本の懐かしい駅舎その物。

 

 

手動のポイント切替レバー、今はもう使われていないようです。

 

 

駅舎の表側。

 

 

こんな道路標識が立っていました。

 

 

隅にあった小型のディーゼル機関車と小さな貨車、このままだと朽ちていくだけ。

 

author:ツアーでもお一人様, category:台湾旅行2, 10:14
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。