<< 北ドイツ旅行2019年-20《 ベルリンからツェレへ 》 | main | 北ドイツ旅行2019年-22《 ハノーファーのフェスティバル 》 >>

北ドイツ旅行2019年-21《 ハノーファーのビアガーデン 》

 6月29日ツアー5日目、「ツェレ」から「ハノーファー」へは45キロ、1時間もかか

らずホテルに到着です。

 

レオナルドホテル ハノーファー

今日の宿泊は「Leonardo Hotel Hannover レオナルドホテル ハノーファー」中心部

からは東側に約8キロほどの立地。

 

レオナルドホテル ハノーファー

入り口前の車寄せ。

 

 

レオナルドホテル ハノーファー

レセプション、左手にエレベーターがあります。

 

 

レオナルドホテル ハノーファー

エレベーター前のイス、かなり独特なデザインです。

 

 

レオナルドホテル ハノーファー

お部屋はこんな感じ、入り口のドア側から、ぱっと見てかなりきつめな感じ。

 

 

レオナルドホテル ハノーファー

窓側から、ツインの部屋に折りたたみのエキストラベットを入れたトリプル仕様、ツイ

ベットも少し右側に移動しています、エキストラベットの枕元には行き場を失ったイ

スが。

 

レオナルドホテル ハノーファー

水回り、バスタブありました。

 

 

レオナルドホテル ハノーファー

 

 

 

レオナルドホテル ハノーファー

ドライヤーはハンディータイプ、宿泊した北ドイツのホテルはすべてハンディータイプ

でしたね、象さんタイプはなし、壁にチューブソープとCタイプのコンセント設置。

 

レオナルドホテル ハノーファー

アメニティーはこれ、チューブモノの記念撮影、歯ブラシはありません。

 

 

レオナルドホテル ハノーファー

テーブルにサービスのインスタントコーヒー、紅茶、電気ポット、と、扇風機、エアコ

はなしと言うことです。

 

レオナルドホテル ハノーファー

扇風機の後ろに備え付けのズボンプレッサー、このタイプ久々に見ました、使い方もち

んと表示があります。

 

 

REWE

水回りを確認した後、最寄のスーパーマーケット「REWE」へ、ここは21時30分まで営

、まだまだ外は明るいです。

 

REWE

 

 

 

REWE

入り口を入って右側にペットボトルの回収機がありました、ドイツではペットボトルは

返却するとデポジットの 0.25ユーロが返金されますが、やっとこの機械に出会いまし

ちなみに。この機械ではクーポン形式の返金です。

 

REWE

店頭のフルーツ、中央は桃ですね、左端には西瓜もあります。

 

 

REWE

イチゴは1パック 2.49ユーロ、チェリーは計り売り。

 

 

REWE

店内のストッカーにあったお寿司のパック、なかなか見事な巻物と握り。

 

 

ハノーファートラム

「レオナルドホテル ハノーファー」の表通りにはトラム走っています、ここからは乗

り換えなしで中央駅まで行くことができます。

 

ハノーファートラム

ここを走るのは低床型のトラムではなく、Uバーン5号線、メトロです、郊外では地上

を運行するために、ホームが一段高くなってるようです、ツアーメイトの皆さんは添乗

員さん同行で中心地へ繰り出した様子。

 

ハノーファートラム

ホームに上がって券売機も観察

 

 

券売機

タッチパネル方式、デフォルトの画面出してみました、言語はドイツ語のほかに6ヶ国

スペイン語、トルコ語なんかも選べるようです。

 

一度お部屋に戻って、今日の夕食へ。

 

ビヤガーデン

ドイツに行くからは一度は「ビアガーデン」と思っていましたが、Google Mapの検索

で、ホテルすぐ近くにローカルなビアガーデンがあることを発見、トラムで繰り出す必

要なくなりました。

 

トラムの走る、表通りから見たビヤガーデン「Tiergartenschänke」。

 

ビヤガーデン

いい雰囲気でしょ。

 

 

ビヤガーデン

ホテル側からアクセスするとこんな感じ。

 

 

ビヤガーデン

ビールをサービスしてくれるカウンター。

 

 

ビヤガーデン

フード類を出してくれるカウンター。

 

 

ビヤガーデン

こじんまりしていますが、セルフサービスのなかなか良い雰囲気、お客さんはほぼ地元

方ばかりと言う感じ。

 

ビヤガーデン

ビールは銘柄がありすぎて注文も大変でしたが、何とか。

 

 

ビヤガーデン

フード類はWebサイトで検索して、豚のスペアリブ、ソーセージ、ベイクドポテト等々。

 

 

ホテル周辺

ホテル周辺の地図、ホテルの北側は野生の鹿がいる公園です、夜、何かの鳴き声がする

ので窓から覗いてみると、ホテルの入り口のあたりにも鹿の姿がありました。

 

 

at 16:15, ツアーでもお一人様, ドイツ旅行

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。