<< 北ドイツ旅行2019年-10《 ブレーメン自由散策 》 | main | 北ドイツ旅行2019年-12《 ハンブルクからリューベリックへ 》 >>

北ドイツ旅行2019年-11《 ハンブルクへ 》

 6月27日ツアー3日目、「ブレーメン」から「ハンブルク」へ移動します。

走行距離約124キロ、約1時間45分の移動です。

 

ツアーバス

今回のツアーバスの中はこんな感じ、ツアーメイトさん23名なので、バス内のポジショ

ン取りは楽なほうです。

 

風力発電

高速道路沿いはいたる所に風力発電のプロペラが設置されています、ハンブルクまでの

途中、パーキングエリアで一度トイレ休憩を挟みます。

午後2時を少し回ったくらいに、ハンブルクに到着「ハンブルク市庁舎」付近でツアー

バスを降りて、先ずは運河沿いの倉庫街へ向かいます。

 

ハンブルクの運河沿い

運河沿いの景色。

 

 

ハンブルクの運河沿い

「ブロークス橋」橋の向こう側にレンガ造りの倉庫が並びます。

 

 

ハンブルクの運河沿い

左を見ても、

 

 

ハンブルクの運河沿い

右を見ても、ズーッとレンガ造りの倉庫が続きます、左手前の建物には「ミニチュアワ

ダーランド」が入ってるようです、立ち寄りたい場所ですが、もちろん時間がありま

ん。

 

ハンブルクの運河沿い

橋の先の建物は改装されて、美術の展示会場になってるそうです。

 

ツアーメイトの皆さんは、添乗員さんと共にさらに先のビューポイントへ向かすが

ワシらはこのあたりで自由散策モードに、途中に通過してきた、事前に検索済「聖

ニコライ教会」の望楼へ引き返します。

 

聖ニコライ教会 「聖ニコライ教会」の望楼。

 第二次世界大戦時に連合国側の空爆

 標的なったため、周りは焼け落ちて

 鐘楼だけが残ったものと思われます。
 

 

 

聖ニコライ教会

1階中央にチケット売り場があり、上部までエレベーターで昇ることが出来ます 5ユー

ロ。

 

聖ニコライ教会

望楼上部からはハンブルクが一望できます、中央に見えるのは「ハンブルク市庁舎」の

後姿ですね、後方「アルスター湖」。

 

聖ニコライ教会

中央の時計塔は「聖ミヒャエル教会」ここの時計塔にもエレベーターで昇れるようです。

 

 

聖ニコライ教会

中央の尖塔は「St. James' 教会」。

 

 

聖ニコライ教会

川沿いの倉庫群、右側に見えるのは「St. Katharinen教会」の尖塔。

 

 

聖ニコライ教会

先ほど見てきたレンガ造りの倉庫群が続きます。

 

 

聖ニコライ教会

終戦当時と思われる写真も展示してありました。

 

 

聖ニコライ教会

 

 

 

聖ニコライ教会

望楼の反対側、内陣があったと思われる場所、窓にはやっぱりステンドグラスが入って

たんでしょうね。

 

 

ハンブルク 「ハンブルク市庁舎」へ戻る途中の

 「トロースト橋」欄干にあった彫像。

 「Adolf III statu アドルフ3世像」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ハンブルク 向かい側に「Bischof Ansgar statue

 アンスガー司教像」。 

 歴史のほどは良くわかりませんがなか

 なか立派な彫像です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンブルクショーウインドー

ここも途中のお店、カエルのフィギュアが並ぶショーウインド。

 

 

ハンブルク市庁舎

「ハンブルク市庁舎」の前広場まで戻ってきました、市庁舎正面。

 

 

ハンブルク市庁舎

「ハンブルク市庁舎」。

 

 

ハンブルク

「ハンブルク市庁舎」前広場をはさんで「アルスター湖」寄りの建物に日本の国旗と菊

を発見、何故こんなところに、と調べてみるとこの建物に「日本国総領事館」が入

てるんですね、ちなみに「日本国大使館」はベルリンに、他4箇所に「総領事館」が

るようです。

 

ハンブルク

「アルスター湖」から川になる部分「Kleine Alster 小さなアルスター」と言う名前が

いていました。

 

ハンブルク

「ハンブルク市庁舎」前広場の一部、ガラス張りの屋根が架かってバス停になっていま

す、奥はインビス、ファストフードの売店。

 

 

ハンブルク

こちらのインビスはちょっとアジアン系のお店、カウンターの周りにメニューの写真が

らり、右側の文字だけのメニューにもすべて番号がついていて、番号だけでも注文で

きるようです。

 

 

at 13:56, ツアーでもお一人様, ドイツ旅行

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://italy.y-cgworks.com/trackback/435