<< 北ドイツ旅行2019年-08《 ブレーメン観光 》 | main | 北ドイツ旅行2019年-10《 ブレーメン自由散策 》 >>

北ドイツ旅行2019年-09《 ブレーメン、シュノーア地区へ 》

 6月27日ツアー3日目、ブレーメン観光の続き。

「マルクト広場」あたりをグルグルした後は、添乗員さんがお勧めと言う「シュノーア

(Schnoor)地区」へ行ってみることに。

 

シュノーア地区入り口

「シュノーア地区」への入り口、「 シュノーア地区 」は「マルクト広場」から見ると

東の一角に広がり、細い路地が迷路のように入り組んで、間口の小さな木組みの家が

立ち並んでいます。

 

シュノーア地区入り口

建物が繋がって城壁のようになっているアーチの上部に、この黄金のレリーフです、こ

こをくぐります。

 

シュノーア地区地図

イラスト化された路地の地図。

 

 

シュノーア地区

レンガ造りの建物はほぼ一体化してるように見えます、建物の境目が分からない。

 

 

シュノーア地区

どこまでが路地で、どこからが建物の中なのか、壁の中に埋め込まれたようなオブジェ。

 

 

シュノーア地区

路地もとにかくジグザク状。

 

 

シュノーア地区

少し広くなるとテーブルセットが並べられていたり。

 

 

シュノーア地区

このあたりは新しい部分なんでしょうかね?

 

 

シュノーア地区

家並みの表情が変わります、きっちりとした石畳の路地の左右は木組みの建物。

 

 

シュノーア地区

何年か前にNHK-BSで紹介していた「ペーパークラフト」のお店に遭遇、突然出会うと

不思議気分です、もちろんまだ開店前。

 

シュノーア地区

軒の看板が素敵です。

 

 

シュノーア 地区 ここにも「ブレーメンの音楽隊」の

 オブジェが、左下のほうにあるんで

 すが、カラーリングが少々奇抜。

 ドア上の、右手に杖、左手に本を持

 った人の像これも看板の一種なのか

 ナ?。
 

 

シュノーア地区

テーブルセットある小広場にたたずむ、ステッキを持った紳士のオブジェ。

 

 

シュノーア地区

小型のオート三輪、細い路地にはこの車体がぴったり?ここにも「ブレーメンの音楽隊」

が描かれています。

 

シュノーア地区

毎日がクリスマスお店?。

 

 

シュノーア  地区

ここにもイラスト化された案内図。

 

 

シュノーア 地区

わりと新しい感じのお菓子のお店、軒下に「プレツェル」型の看板も出ています、この

わいでは平日は7時からと言う、早い時間から営業していました、イモのダンナがこ

こでお菓子を物色、店前の赤いベンチがかわいいです。

 

at 11:14, ツアーでもお一人様, ドイツ旅行

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://italy.y-cgworks.com/trackback/433