RSS | ATOM | SEARCH
北ドイツ旅行2019年-05《 カッセルで昼食 》

 6月26日ツアー2日目「カッセル」の市街地で昼食です。

このツアーの安さの秘密の一つ、ツアーのセット食がこの日の昼食だけと言うこと。

 

カッセルで昼食

レストランは「市庁舎」に程近いこのお店。

 

 

カッセルで昼食

先ず前菜のサラダ。

 

 

カッセルで昼食

飲み物はもちろんビールを、テーブルにはサービスのお水のピッチャーも出ていました

、ここはやっぱりビールでしょ、と言ってもこのサイズを三人でシェアします。

 

カッセルで昼食

メインは「シュニッツエル」レモンをこれでもかと言うくらいに絞りかけます、付け合

せのャガイモも美味しい。

 

カッセルで昼食

デザートはチョコレートムース?これも美味しい。

 

 

カッセルのレストラン

店内はこんな感じ、大きな窓の外をトラムが走ります、このレストラン、ワシは外を眺

て何時間でもいられそう。

 

グリム兄弟の像

昼食の後は近くにある「グリム兄弟の像」へ、道路わきに小さな公園があって、そこに

「グリム兄弟の像」があるのですが、この写真にも既に写ってますが「小さい」です。

 

 

グリム兄弟の像

これが「グリム兄弟の像」。

 

 

グリム兄弟の像

トラムが通過します、この日は日差しがかなり厳しい。

 

この後「カッセル」を後にしてツアーバスは今日の宿泊地「ブレーメン」に向かいます。

 

パーキングエリア

走行距離約285キロ、4時間強の移動です、少し暑さにまいった体にはちょうどいい休

、途中のパーキングエリアでトイレタイムを挟みます。

 

風力発電

車窓の景色、ドイツは自然エネルギーを取り込むのに熱心な国、いたるところで風力発

のプロペラがゆっくりと回っています。

 

「ブレーメン」到着は午後7時位に。

 

ベストウエストホテル ブレーメンイースト

この日宿泊のホテルは「Best Western Hotel Bermen East(ベストウエスタンホテル 

ブレーメンイースト)」。

 

ベストウエストホテル ブレーメンイースト

ツイン部屋にエキストラベットを入れたトリプル仕様、入り口側から、コンセントプラ

グはタイプC。

 

ベストウエストホテル ブレーメンイースト

窓側から、3名だとスーツケースを広げるスペースが、チョット狭いかも。

 

ここで少し問題が、大きな2枚の窓、片方が開けたままの状態です、北ドイツのホテル

はエアコンがないようで、上の外観の写真を見ても、ほとんどの部屋の窓が開いてます

この大きなタテにもヨコにも開く高機能窓、左側の収まりが悪く、結局ホテルの人に見

てもらうことに、閉めるのに少しコツが必要なようでした。

 

ベストウエストホテル ブレーメンイースト

水回りの確認、バス付のお部屋でした。

 

 

ベストウエストホテル ブレーメンイースト

水の流れも問題なし。

 

 

ベストウエストホテル ブレーメンイースト

ドラヤーは普通のハンディータイプ、風量も十分です、アメニティーはありません、壁

チューブ式のソープ。

 

 

author:ツアーでもお一人様, category:ドイツ旅行, 13:27
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。