RSS | ATOM | SEARCH
北ドイツ旅行2019年-19《 ベルリンの午前観光 》

 6月29日ツアー5日目、今日の午前中は「ベルリン」の市内観光。

先ずは「ホリデイイン ベルリン シティウエスト」での朝食、午前6時半から。

 

ホリデイイン朝食

カットフルーツとか、ヨーグルトソース、右側にカットしたスイカが並んでるんですが

名札は「Melone」

 

ホリデイイン朝食

チーズが乗ったベイクドトマトに、ハッシュドポテト。

 

 

ホリデイイン朝食

さすがにホリデイイン?パンケーキもありますね。

 

 

ホリデイイン朝食

ハムも5種類ほど、左端は生ハム。

 

 

ホリデイイン朝食

温かいベーコンに、ソーセージ。

 

 

ホテルホリディイン朝食

少し高級そうなチーズはケースの中に。

 

 

ホリデイイン朝食

で、バリエーション豊富な中、いろいろ目移りはしましたが、この日の朝食はこんな感

に、カットスイカは日本の甘いモノと比べてはいけません。

 

スーパーマーケットEDEKA

朝食を早く済ませて、午前7時から開店している最寄のスーパーマーケットへ、コンビ

ニスタイルのお店、看板は黄色にブルーの「EDEKA」カラーですが「Nah und Gut 」

とも書いてありす。

 

ここではペットボトルのデポジットの返金は、直接レジのおばちゃんが現金を渡してく

れました。

 

自転車道路

ホテル前の閑静な道路、歩道上のバス停と自転車レーン、自転車に注意の標識。

 

 

自転車道路

自転車レーンは交互通行、歩道が狭くなってる部分では結構危険です。

 

 

自転車道路

自転車レーンのマーク。

 

 

「ホリデイイン ベルリン シティウエスト」建物が大きすぎて写真には納まりません。

 

 

ワシらが宿泊したのと逆サイドの「B棟」入り口上部には、空港の離発着案内モニター

がついていました。

 

さて、午前8時50分にレセプション前に集合して、9時は「ベルリン」の市内観光へ出

です。

 

どこへ行ってもガイドさんがつかないこのツアー、「ベルリン」で初めてガイドさんが

同行してくれます、「お財布に優しい」ツアーのもう一つの秘密がガイドさんがつくか

つかないか。

添乗員さんはバスの移動中は所々で、観光ポイントの歴史等についてはアナウンスして

くれますが、観光地でのガイディングは出来ません。

 

「ベルリン動物園駅」近くでガイドさんと合流。

 

ベルリン動物園

車窓からの「ベルリン動物園」の中華風?入場門。

 

ツアーバスは各国の大使館が並ぶ通りを通過、もちろん日本大使館もありました「虐殺

されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」を右手に見て「ブランデンブルク門」へ。

 

ブランデンブルク門

ところが「ブランデンブルク門」はこの日、「何かの集会」?デモだったか?があって

交通規制がかかり近くまでは立ち寄れません、こちらの観光客の皆さんもこんな感じで

記念撮影、そこをパチリ。

 

ドイツでもオープントップの観光バス、天気がいい時に見ると乗ってみたくなりますが

直射日光が結構きつそうです。

 

チェックポイントチャーリー

「チェックポイントチャーリー」中央に小さく写っているのが検問のブース、ブースそ

もは歴史的価値はないそうです。

 

当時の境界線の跡。

 

 

イーストサイドギャラリー

さらにツアーバスで、遠くに「ベルリン大聖堂」「聖ニコライ教会」などを車窓から眺

めて「イーストサイドギャラリー」へ。

ここは「ベルリンの壁」の厚さが分かるところ、右手は「シュプレー川」です。

 

イーストサイドギャラリー

で、有名なこの絵です。

 

 

イーストサイドギャラリー

ほのぼのした絵はないかなと、少し探してみたのですが、やっぱり何処かに風刺的な

イントが。

 

ベルリン

ツアーバスの車窓から見る、368メートルの「ベルリンのテレビ塔」手前は「赤の市庁舎」。

 

ツアーバスは、フリー昼食後の再集合場所、「ベルリン動物園」の南側にあるショッピ

ングモール「Bikinihaus」の前へ、ここから2時間の自由散策に。

 

通りをはさんで、戦争を警告する記念碑として空襲で破壊されたまま残されている「カ

イザー・ヴィルヘルム記念教会」があります。

 

ベルリン

中央「カイザー・ヴィルヘルム記念教会」の破壊されたまま残された旧教会堂鐘楼、左

側が新教会の鐘楼らしいのですが、全面に足場が組まれています。

 

ベルリン

グルット廻ってみました、左手の低い建物が新教会堂、宗教感を感じさせない現代建築

です。

 

ベルリン

旧教会堂の新しい彫像。

 

 

ベルリン

南側の通りからの眺め。

 

昼食は「カールシュタッド(Karstadt Berlin Kurfürstendamm)」デパートへ。

 

ベルリン昼食

6階?にある、セルフレストラン「ブッフェ(Le Buffet)」へ、12時には少し早いの

お客さんもまだまばら。

 

ベルリン昼食

くるくると2回ほど見て廻って、プレートモノを選択してお会計、バリエーション豊富

なのでとにかく選択に迷うと際限がありません。

 

ベルリン昼食

ビール 2.59ユーロ、ニシンの黒パンプレート 4.99ユーロ、全粒粉パンの上に左側ゆで卵

のスライス、右側にスライストマト、その上にニシン、玉ねぎがのった一品、美味しくい

ただきました、後片付けもセルフで、トレーの返却口がありました。

 

 

author:ツアーでもお一人様, category:ドイツ旅行, 15:01
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。