<< ロシア旅行2019年-11《 パブロフスク宮殿へ 》 | main | ロシア旅行2019年-13《 サンクトぺテルブルクからモスクワへ 》 >>

ロシア旅行2019年-12《 夕食は名物ペリメニ 》

 4月4日ツアー3日目、午後も天気が良いです。

 

パブロフスク宮殿

バスの車窓から、昼食レストランから近い「パブロフスク駅」小規模ですが素敵な外観

です。

 

プーシキンからサンクト・ペテルブルクまで戻ってきました。

 

ニコライ聖堂

「 ニコライ聖堂 」木立が邪魔をして全体を見ることが出来ませんが、正式名称は「 ニ

コロ=ボゴヤヴレンスキー・モルスコイ・サボール 」と言うらしく、 海に関係する職業

の人たちの教会のようです。

 

見えているのはグーグルマップで「スヴャト=イシドロフスカヤ・ツェルカフィ」と言

教会?、ここはサンクトペテルブルクで「七つの橋が見られポイント」だそうです。

 

さらに、しばらくツアーバスで移動して。

 

この後は、お約束のお土産屋サンへ、ここもドアを開けるまでお店なのかどうか分から

ないところ、右側の看板は「Pushkin Art Gallery」とあります。

 

 

お店の前の通りからは「聖イサーク大聖堂」のドーム屋根が見えます。

 

 

別の通りには独特なトロリーバスの架線が。

 

 

出窓とテラス?。

 

お買い物タイムが終わった後は、ツアーバスで今日の夕食レストランへ。

 

夕食レストラン

「Рестора Колесо」(レストラン・ホイール)このレストランは表に看板「車輪のマ

ーク」が出てるので分かりやすい。

 

店頭メニュー

店頭に置いてあったメニュー、ヨーロッパではこれがあると目安に出来て安心できるん

ですよね。

 

夕食レストラン

店内にはこんなディスプレーも。

 

 

先ずはスープ、「スメタナ」忘れてる?。

 

 

今日の夕食のメインは「ペリメニ」です、多くのブログの感想に「お醤油欲しい」があ

たので一応用意はしてきましたが、「スメタナ」でいただく「ペリメニ」美味しいで

、「スメタナ」の酸味と、水餃子のような「ペリメニ」のモチモチ感、相性が良いで

す。

 

デザートはチョコレートケーキ、ここでも最後のコーヒー、チャイはサービスです。

 

夕食後はツアーバスでホテルに戻るのですが、このツアーではオプションで「バレエ観

賞」が組めることになっていて、そのため6名ほどのツアーメイトさんがここから別行

動に、もちろんワシらもプチ離団を申し出、ほかにも数名の方が別行動に。

 

「ドム・クニーギ」のビル、この日も特に目的はありません、「ネフスキー大通り」を

ブラと街歩き。

 

左のショーウインドは「エリセーエフスキー」、入り口は何処かと思ったら、右手の方

から入っていくんですね、ここには入ってみました。

「エリセーエフスキー」をグーグルマップで位置を確認すると「マガジン・クプツォフ

・エリセエヴィフ」と言う長い名前で出てきます。

 

ライトアップされた「ガスチーニィ・ドゥヴォール」雲のない空とのコントラストがな

なか。

 

「聖カタリナアルメニア使徒教会」。

 

Теремок(テレモク)」で「ブリュヌイ」を食べてみようかと立ち寄りましたが、お

腹一、お茶休みとトイレタイムで終わりました。

 

この日もメトロ4号線でホテル最寄駅「Ладожская(ラドジュスカヤ)駅」まで移動。

 

とにかく深くて早いエスカレーター。

 

 

上りも同様、さすがに横をすり抜けて駆け上がってく人はいないようです。

 

昨日と同じ「ラドジュスカヤ駅」を出て、駅ビルスーパーマーケット「Перекрёсток

(ペレクリョストク)」でお買い物、ロシアは24時間営業のスーパーマーケットが多い

です。

 

さて、ホテルまでは昨日失敗した「Yandex」をダンナのiPhonにインストール、SMSの

確認コード返信にも成功して、タクシーでホテルへ戻りました、この時の料金は端数切

り上げて200ルーブル、安いです。

 

朝食弁当

ホテル到着は11時頃、戻ると明日の朝食用の弁当ボックスがワシらの分だけ、レセプシ

ンの脇に残されてました、ツアーメイトのみなさんは結構早く戻られ様子。

 

at 00:09, ツアーでもお一人様, ロシア旅行

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://italy.y-cgworks.com/trackback/411