<< インド旅行2018年10月4日目-3《 アグラ城へ 》 | main | インド旅行2018年10月5日目-1《 デリーへ 》 >>

インド旅行2018年10月4日目-4《 アグラ市街へ 》

 アグラ市街での昼食へ、時間は1時近くです。

 

アグラ昼食

レストランはここです「Haveli Restaurant」。

 

 

アグラ昼食

店内の様子、ピークは過ぎたのかあまり混んではいません。

 

お料理は「インド風中華料理」あくまでもインド風です。


アグラ昼食

先ずはスープ、左ははじめに出てきた春巻き風、ここでも飲み物はビールを、400ルピ

は今までで一番安かったかな

 

アグラ昼食

大皿でサービスされて、各自のお皿に取り分けるスタイル、インディカ米のチャーハン

春巻き風、焼きソバもどき、野菜炒めあんかけ風、等、毎日がカレーですから、ここら

辺で変化球と言うところですが、あくまでもインド風、味の吟味をしてはいけません。

 

 

アグラ大理石店

昼食後はこのツアー三つ目の、お約束な高級土産のお店に、外観では判断できない、大

理石製品のお店「Krafts Palace」です。

 

アグラ大理石店

例によって、先ずは大理石象嵌のパーツ研磨のデモンストレーションから、ここでも達

者な日本語で解説です。

 

アグラ大理石店

続いて売り場へご案内、映っているのはフロアの一部です、もちろん高級ですよきっ

購入意欲がまったくないので、お値段は確認もしていません。

 

アグラスーパー

続いて、この界わいでホテル最寄と思われる、街のスーパーマーケット「Vishal Mega

Mart」へ。

衣料品、家庭雑貨の品揃えはまずまずですが、この店舗での食品類はかなり弱いような

産によさそうな、スナック、菓子類ありますが、欲しかったインスタント系食品の

品揃えはあまりなく、ヨーロッパならズラット置いてある、ミネラルウォーターもスト

ッカーに数本しかありませんでした。

 

アグラスーパー

記念ですからこちらの角度からも、外観は日本のスーパーに引けをとりません。

 

 

ジェイピーパレスホテル

ホテルに戻ると、綺麗にベッドメイキングしてあったので、明るい部屋の記念撮影。

 

 

ジェイピーパレスホテル

ベット奥の茶色の枠がバスルームの窓で、窓の内側に電動のカーテンが組み込まれてい

す。

 

この日のホテル到着は4時頃、この後のオプショナルツアー「アーユルベーダ体験」は

申し込んでいないので、ホテルから2kmほどのショッピングモールにあるマックま

に出てみることに。

 

アグラ市街

ホテルの敷地を出て、北西方向に500m程歩くと、気になっていたお菓子屋さんのお店

数店舗並んでいるところへ、インパクトのある赤い看板もずらっと、売っているもの

は下に拡大したような「PETHA 読みが分かりません、ぺサとかぺタとかペーター」と

か言うお菓子のようで「Kesar Petha」「 Angoori Petha 」などのバラエティーもあ

て、この地方の名物のようです。

 

上の写真、よく見ると、左端はレストランですし、中央には「airtel 4G」携帯電話系と

われる看板もあります。

 

petha

冬瓜を原料にした、外はシャリットしていて、中とろっとした、すんごく甘いお菓子ら

いです。

 

このあたりもう少しじっくりと見ていたかったのですが、外国人と見ればまるで「雲助」

のようなオートリクシャの、やれ「友達、友達」「20で乗せる」「韓国人?中国人?」

どと客引きがうるさく、しかも逆走しながらの並走で、こちらは完全無視状態で先を

ぎます。

 

後ろから追いついてきた、バックパッカー系外国人のカップルにも同様な客引きを掛け

すが、そちらもまったく相手にせず。

 

何とか途中で諦めさせて、ショッピングモールへ到着です、バックパッカー系外人カッ

ルは「タージ・マハル」への道に向かった模様。

 

ショッピングモール

大きなショッピングモール「TDI Mall」はかなり荒んだ様子で、開店しているところも

なめ、活気がありません、この時間はまだ天井からの外光が入ってきていますが、夜

はかなり悲惨な状態と想像されます。

 

ショッピングモール

それでも、オープンしていると感心するべきでしょうか。

 

 

アグラマック

1階の道路に面してる「マック」はちゃんと営業していました、先ず冷たいコーラをノ

アイスで注文、氷を抜いておけばお腹も大丈夫でしょう、きっと、Sサイズコーラ2

つで103ルピー。

 

ここから前に立ち寄ったスーパーマーケットもすぐなのですが、あまり欲しい商品も無

かったので、しばらくの間ガラス越しに普通のインドの人たちを眺めていました。

 

で、帰りはオートリクシャに挑戦です、なるべくインドの人が乗ってきたオートリクシ

ャと値段交渉。

 

一台目「ジェイピー・パレスホテル」まで「いくら」と聞くと「100ルピー」、「40ル

ピー」と切り返すと相手にもされず、値段交渉決裂。

 

外国人に対する相場は100ルピーからのようで、二台目は、「いくら」「100ルピー」

「40ルピーでどう」「50ルピー」、「一人20ルピー、二人だから40ルピーでどう」

「しかたない、40ルピーでOK」「しかたない」のニュアンスはかってな想像です。

 

ここからホテルまでは、20ルピー程度が相場との予備知識で、本来一人でも、乗れるだ

け乗っても同じ料金のはずなのですが、二人で40ルピーが最大の譲歩、何とかオートリ

クシャ乗れました、いい思い出です

 

オートリクシャはホテルの敷地内には入ってくれません、道路に面した警備員詰め所前

で下車、用意していた10ルピー紙幣4枚できっちり払いました、中に入る時は警備員さ

んから何か言われるかなと思いましたが、特に何もなく、エントランスまで歩いて、

キュリティーチェックを一応受けてホテル内へ。

 

マハラジャマック

マックでテイクアウトした「フィレオフィッシュ」と「マハラジャマック」のチキンを

テルに戻ってから夕食前に半分ほどを試食です、「フィレオフィッシュ」の方は、日

本のものとほとんど変わらない感じ、「マハラジャ」の「チキンパティ」はタレ味をつ

けていない「つくね」のような感じです、もちろん別添えのトマトソース等もついてい

ますので、これはこれで納得の一品でした、ちなみに、お値段はあわせて298ルピー。

 

夕食はホテルのレストランで7時30分から。

 

ジェイピーパレスホテル

右手前、器の盛ってあるお料理、名札には「SHAAHI TUKDA」とありましたが、意味

不明です。

 

ジェイピーパレスホテル

 

 

 

ジェイピーパレスホテル

こちらはカレーのライン、小さな器も置いてありました。

 

 

ジェイピーパレスホテル

夕食はのメインはチキンカレー、やはり小さな器は必要ですね、混ざらなくていい具合

す、他はジャーマンポテト?、温野菜にペンネにチーズ。

 

アグラ地図

昼食のレストラン、お土産大理石店、民族衣装のレンタル屋さんの位置関係はこんな感

、クリックするとホテルを含めた地図開きます。

 

 

at 09:21, ツアーでもお一人様, インド旅行

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://italy.y-cgworks.com/trackback/389