<< インド旅行2018年10月3日目-4《 ファテープル・シークリーへ 》 | main | インド旅行2018年10月4日目-1《 ジャイピー・パレス・ホテル 》 >>

インド旅行2018年10月3日目-5《 アグラへ 》

 ツアーバスは日が暮れたアグラ市街に。

 

アグラ市街

アグラ市街に入ると車窓にはまるで、夜市のような光景が、お祭りなのか、休日の賑わ

いなのか、写真はブレブレですが、雰囲気だけでも。

 

アグラに入って先ずは、明日の観光に来ていける民族衣装のレンタル屋さんに向か

す、男は「クルタ」、女性は「サリー」が無料で借りられて、そのまま観光できるサ

ービスです。

 

貸衣衣装屋

ここがその、お土産店兼レンタル屋さん「Kala Kendra」、色んなツーリストが利用し

いるようで、このツアーでは無料レンタルですが、通常は2000円から4000円ほどの

レンタル料金のようです、ツアーバスのドア前に立っているのが運転アシスタントさん。

 

 

貸衣衣装屋

店内はこんな感じで、女性用の「サリー」は人数が多いので争奪戦です、ちなみにワシ

借りてません。

 

民族衣装をレンタルして、まもなく8時と言うところで夕食です、

 

アグラ夕食レストラン

場所はホテル「PUSHP VILLA」にある回転レストラン。

 

 

アグラ夕食レストラン

中はこんな感じで、まさしく円形、ゆっくりと回転します、東京ですと有楽町、東京交

通会館の銀座スカイラウンジと同じ形式、高さと大きさがかなり違いますが、しかし外

にこれといった夜景もなく「タージ・マハル」が見えるという方向に目を凝らしました

が確認できませんでした。

 

アグラ夕食レストラン

先ずはトマトのスープがサービスされて、これが定番のようです、なかなか好みの味で

す。

 

アグラ夕食レストラン

で、お料理はやはりビュッフェスタイルのカレーです、インドですから。

 

 

アグラ夕食レストラン

このレストランには小さい器があったので、混ぜたくないカレーはそこに入れて、ここ

の KING FISHER ビールは 500ルピー。

 

ジャイピーパレスホテル

夕食後、「Jaypee Palace Hotel & Convention Centre」ジャイピー・パレスホテル&

ンベンションセンターへ、写真は次の日に撮影した車回しから様子、まさしくパレス

す、中の奥がセキュリティーチェックのあるエントランス。

 

ジャイピーパレスホテル

セキュリティーチェックを受けて、入って突き当たりにレセプションのフロア、スーツ

ケースは自分では持ち込んでいません、歓迎の花のレイをかけてもらった人も、ここで

屋割り、特に民族衣装をレンタルした方は早めの集合等の連絡事項を確認。

 

ジャイピーパレスホテル

中央のフラワーアレンジメントの前で写真撮影する人たちも、スーツケースはここでは

なく、部屋へ向かう途中にある、チェックアウトの出口フロアにセキュリティーチェッ

クを受けて並べられていて、そこからピックアップして部屋へ向かいます。

 

 

ジャイピーパレスホテル

お部屋はこんな感じ、このホテルもかなり広めです、入り口のドア方向から。

 

 

ジャイピーパレスホテル

窓側から、

 

 

ジャイピーパレスホテル

バスルーム、バスタブの上は窓になっていて、カーテンを空けると丸見えです。

 

 

ジャイピーパレスホテル

洗面ボウルと便器、ドライヤーは洗面台の下の棚に、お尻シャワーは便器の右手側にあ

ります。

 

ジャイピーパレスホテル

アメニティー。

 

 

ジャイピーパレスホテル

電気ポット、無料の飲料セットと有料スナック類。

 

 

ジャイプルパレスホテル

ドア内側の部屋の位置と非常口の案内図、特に広いホテル、通路が入り組んだホテルで

は確認必須です。

 

ジャイピーパレスホテル

部屋のBFコンセント、少し緩め、プラグを指してスイッチを入れないと使えません。

 

 

ジャイピーパレスホテル

こちらはヘッドボードについていたスイッチ類ときつめのB3コンセント、上の写真と形

状はほぼ同じですが、なぜかBFコンセントは刺さらず、天井に設置さファンスイ

ッチもあります、差込口が多いのは助かります。

 

ジャイプルパレスホテルS

ホテルの航空写真にホテル内の動線を重ねるとこんな感じに、とにかく広いんです、チ

ェックアウトのフロアからスーツケースをピックアップして結構歩きます、このツアー

はこのホテルに2連泊です。

 

at 13:36, ツアーでもお一人様, インド旅行

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://italy.y-cgworks.com/trackback/385