<< インド旅行2018年10月3日目-2《 アンベール城へ 》 | main | インド旅行2018年10月3日目-4《 ファテープル・シークリーへ 》 >>

インド旅行2018年10月3日目-3《 チャンド・バオリへ 》

 ツアーバスはアブハネリ村というところにある「チャンド・バオリ 階段井戸」へ向

かいます、ここはあまり立ち寄ってくれるツアーも多くなく、ワシの中ではインド観光

の大きなポイントです。

 

ちなみにデリーにも形式と規模は違いますが、階段井戸あるそうです。

 

車窓の風景

車窓からの風景。

 

 

車窓の風景

野菜や果物は豊富です。

 

 

 

車窓の風景

テレビや映画でしか見たことのない「バラック」な建物が並ぶ一角、一番手前のところ

では商売をしています。

 

車窓の風景

トラクターに引かれた、かなりハード感のある荷台。

 

 

車窓の風景

たまあに信号がありますが、あまり機能していない感じです。

 

 

車窓の風景

バナナと果物の屋台、後ろは落花生のようです。

 

 

​チャンド・バオリ

ツアーバスは2時間ほど走行して「チャンド・バオリ 」のある村に到着、ここはまだ観

地にありがちな「商売っ気」の 雰囲気はありません。

 

チャンド・バオリ

このアーチをくぐって、

 

 

チャンド・バオリ

中に入るとこの景観が広がります。

 

 

チャンド・バオリ

規則正しい石段が作る、幾何学模様に一瞬クラットきます、グルット見てるうちに、手

りのない階段を使った揚水は大変だったろに「つるべ」は考えなかったのか、と、思

います。

 

チャンド・バオリ

回りの回廊には、消失した近辺の寺院のレリーフ等が保管されています。

 

 

チャンド・バオリ

 

 

 

チャンド・バオリ

お隣の寺院跡まで歩いていく途中の一コマ、エンジンむき出しのトラックがツアーバスの

横を抜けて行きます、インドでも車検はあるそうですが、この状態でもOK?らしい。

 

チャンド・バオリ

ヒンズー教寺院、の跡?。

 

 

​チャンド・バオリ

 

 

 

​チャンド・バオリ トイレ

出発前にトイレタイム、左手の建物がトイレです、ここもワシは未確認、水分の補給は

十分にしていましたが、ジワット汗で出てゆくほうが多いのかも。

右手の建物は何に使われているか?変わった形です。

 

​チャンド・バオリ

ツアーバスはもと来た道を戻って、アグラ方面へ向かう主要道へ。

 

 

チャンド・バオリ

興味深い車窓の風景が続きます、エンジンむき出しのトラックはこの界わいでよく見か

けました

 

チャンド・バオリ

 

 

 

チャンド・バオリ

どんな具合に乗っているのか、普通網棚があるところにも乗客が乗ってます、外から見

るとまるで二階建てのバス。

 

アグラ昼食

2時間半ほど走行して、3時にこのレストラン「Ganpati Resort」で昼食です。

 

 

アグラ昼食

砂漠の中のオアシス的雰囲気のレストラン入り口。

 

 

アグラ昼食

 

 

 

アグラ昼食

昼食はビュッフェスタイルで、もちろんカレーです。

 

 

アグラ昼食

トマトスープに、卵カレーとチキンカレー、どうしても混ざってしまうのが、最大の難

点、ここでも飲み物は KING FISHER のビールを、450ルピーでした。

 

 

アグラ昼食

お店の様子は、少しだけ高級感出してますかね。

 

 

at 09:07, ツアーでもお一人様, インド旅行

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://italy.y-cgworks.com/trackback/383