<< 中欧3ヶ国旅行2018年3月《 番外編 券売機とATM 》 | main | インド旅行2018年10月1日目-2《 成田空港からデリーへ 》 >>

インド旅行2018年10月1日目-1《 新千歳から成田空港へ 》

 2018年10月の「インド旅行」の記録。

今回は初めて利用させてもらう「読売旅行」さんの、成田発「インド3都市周遊」

〜デリー・アグラ・ジャイプール〜の旅。

 

手元のパンフレットの旅行代金は成田発、価格帯が89,800円〜196,800円、ベストセ

ラーらしく2018年7月から2019年3月までの販売、各地からの出発便には国内線の料

金が最高で30,000円ほど追加されます。

 

実際の旅行代金はインド査証、代行手数料、空港施設使用料、諸税、燃油サーチャージ

等を含めて、一人115,350円です、今回も「ワシ」と妹「イモ」の二人旅

 

 

新千歳空港からは初めてジェットスターを利用しました。

 

jetstar

チェックインカウンターはフロアマップで見ると、利用頻度の高いバニラエアとは対角

の南側の端っこです。

 

2018年9月の震災で新千歳空港も被害を受けましたが、この時にはほぼ復活、保安エリ

アにも新しいお店がオープンしていました。

 

保安エリアのローソン

ローソンが新規オープンしていました、保安エリアの飲食店もありがたいですが、コン

ビニにはさらに助かります、この時は修学旅行の高校生でかなりの繁盛。

 

保安エリアの店

「1st HOKKAIDO」 新千歳空港プライベート・ブランド のスイーツ店。

 

 

保安エリアの店

「CAFE GREEN Tokachi」ソフトクリームを売り込み中、でも、この辺のお店は利用

することないだろうな。

 

出発ゲート

ジェットスターの出発ゲートは19番、端っこですが、新千歳空港ではボーディングブリ

ッジを使って搭乗できます。

 

ジェットスター

 

成田空港第三ターミナル到着、第一ターミナルへバスで移動しますが、連絡バスのバス

停位置が変更になってました、前は出口を出てすぐ右側のエスカレータを利用して下へ

降りすぐだったのですが、移動距離が少々伸びました。

 

成田空港

第一ターミナル4Fの出発ロビー南ウイングへ、早いですが出発便をモニターで確認し

ます。

 

その後、Kカウンターの「読売旅行」ツアーデスクで、男性添乗員さんと挨拶、一応の説

明と確認事項、イヤフォンガイド等を渡されて、最も重要なパスポートを受け取ります。

今回はインド入国査証の申請を代行してもらってるので、このタイミングでパスポート

受け取りになりました。

 

ANAチェックイン

インド、デリーまではANAの直行便、最近はほとんどが自動チェックイン、座席指定も

Web予約が出来るようになってます。

 

一風堂

機内持ち込み荷物の保安検査、パスポートコントロールで出国手続きを終えて、成田

空港保安エリアのほぼ中央に新しく出来た、博多とんこつラーメンの「一風堂」へ。

 

一風堂

原点の一杯「白丸元味」。

 

 

一風堂

革新の一杯「赤丸新味」。

 

どちらも「札幌ラーメン」にはない細めんと、あっさりしたダシ、美味しいです「一風

堂」の「暖簾わけ店」は札幌にもあるのですが、一応「本家」と言うところで、おさえ

てみました。

 

第一ターミナル保安エリア

この辺も、出国保安エリア内の落ち着く待合施設、と言う感じだったのですが、かなり

変化しています。

 

第一ターミナル保安エリア

オリンピックを念頭に、リニューアルが続いてるんでしょうね。

 

 

第一ターミナル

出発ゲート全体の案内表示です。

 

 

第一ターミナル

ANAの国際便は初めての利用なので、第5サテライトにもはじめて来ました。

 

 

第一ターミナル保安エリア

出発ゲートまで到着する間に、搭乗ゲートが「56」から「57A」に変更に、すぐ隣りで

すから、あわてることもなく到着。

 

第一ターミナル

ANA、NH827便はあまり耳にしたことのない、ジェットエアウェイズ便との共同運航便

です。

調べてみたところ、 ジェットエアウェイズはムンバイを本拠地とする、インド大手の民

間航空会社でした。

 

 

 

at 15:33, ツアーでもお一人様, インド旅行

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://italy.y-cgworks.com/trackback/376