RSS | ATOM | SEARCH
トルコ一人行2015年04月 2日目-2《クンピルをもとめて 》
 「ギョレメ」までのチケットを購入できれば、その後の予定はまったく立て
ていないので、ここはトルコB級グルメ「クンピル」「クンピール」とも言う
を求めて「オルタキョイ」を目指します。
「オトガル」駅からメトロ1号線で「ゼイティンブルヌ」駅へ、トラム1号線
に乗り換えて、「カバタシュ」へ。
メトロ「アクサライ」駅から、トラム「ユスパシャ」駅乗り換えもありなので
すが今回は時間を気にせずトラムに長乗り。


カバタシュバス停
「カバタシュ」のバス停、「オルタキョイ」へは下調べしてあった22番のバス
で、ここのバス停はわかりやすい。


カバタシュ22バス
4番プラットフォーム、22番のバスはここへ来るはず。
 
22番のバスに無事乗車できましたが、バス停でのバスと乗客のやり取りにカル
チャーショック、バスは走り出してからしばらくしてドアを閉める、乗客はバ
スが多少バス停を離れていても、ドアが開いていれば走って乗り込む、安全が
どうのこうのはあまり問題にならない「トルコですから」。



クンピル屋台
「オルタキョイ」バス停での降車は一区間乗り過ぎのようでしたが、まあよし
として「クンピル」の屋台を横目に見て、左手全部が「クンピル」屋台。


ボスフォラス海峡
「ボスフォラス大橋」が見られるところまで、天気も良くてなかなか気持ちが
よい、睡眠不足のためか、このあたりで休んでいると少々居眠り状態に。


オルタキョイジャーミィ
「オルタキョイ・ジャーミィ」

オルタキョイジャーミィ
こちらが正面なのかな。

で、屋台だと落ち着いて休めないので「クンピル」を食べにこのお店に入って
みました。


クンピルの店
平日でもあり時間が早いのでほかのお客さんはなし、わりとオシャレなカフェ
風。


クンピル
大きな蒸かしジャガイモに、これも乗せるか、あれも乗せるかとトッピングを
どんどん盛ってくれて、最後にマヨネーズ系もタップリと、お値段15TL、チャ
イ3TL、決してまずくはないのですが、とにかく乗せすぎ、ベースのバターと
チーズとマヨネーズだけでも、イモ好きには十分美味しいと思われます「過ぎ
たるはなお及ばざるが如し」けだし名言。


「クンピル」と格闘した後はしばらくこのあたりをブラリ散策。

オルタキョイジャーミィ
「オルタキョイ・ジャーミィ」こちら側の引きの画も「ボスポラス大橋」バッ
クに素敵です。


海月
海には海月が大量に浮いています、海月見るのも久々な。

オルタキョイ
周辺のお土産屋さん小路の一角。

オルタキョイ
お土産屋さん小路のストリートサイン、なかなかかわいい。


 
author:ツアーでもお一人様, category:トルコ旅行2, 09:39
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。